韓国ドラマの魅力について少し調べてみました

かなり久しぶりの更新となってしまいましたが、今日は韓国ドラマの魅力について書いてみたいと思います。
とはいっても、今現在では数え切れないくらいの韓国ドラマが日本でも放送されているということもあるので、いまさら「新鮮だ」などと感じる人はごく僅かといったところでしょうか。
韓国ドラマが日本で放送されるようになった経緯
自分の中では「冬のソナタ」が一番最初に放送されたとばかり思っていましたが、色々調べた結果、以下のような経緯となっていました。

1996年10月、福岡の民放テレビ局であるTXN九州(現・TVQ九州放送)が、開局5周年を記念し、韓国文化放送 (MBC) の現地では「ミニシリーズ」と呼ばれるドラマを3作品放送したことがある。
その当時はまだ一部のファンだけが見るという状態で、視聴率もあまり良くなかったが、それらの作品にはチェ・スジョン、ハン・ソッキュ、キム・ヘスといった、現代韓国芸能界を支える中核の俳優が出演していた。
その中からハン・ソッキュが映画『シュリ』の大ヒットで、日本全国に知られるようになったことから、KNTVなどの衛星放送の朝鮮語チャンネルで、多くの作品が放送されるようになった。
2003年4月~9月、NHKBS2での好評を受け、2004年4月~、NHK総合が放送した「冬のソナタ」のブームによって、放送作品数・放送を行う局が一気に増えた。
(情報元:韓国ドラマより抜粋)

1996年というと、管理人がまだ高校生あたりだった時期になるのですが、その頃から韓国ドラマが放送されていたという事に関しては、トリビアの泉でいう「へ~~」といったものに近いものがあります(笑)
しかも、管理人の地元である福岡から始まったというのだからなおさらです。

「韓流ドラマ=高年齢層」という方式は崩れてきている
この傾向が一番大きいのではないかと思います。
確かに冬のソナタが放送されていた時期は、高年齢層の人々が見ていたような気がしますが、今現在は「何気なく見ていたら、いつの間にか夢中になっていた」といったケースも少なくはないかもしれません。
色々な文献を見てみると、20代の人も韓国ドラマに夢中になっているといった内容のものもありました。
なかには、「このドラマは絶対見た方がいい」という知り合いなどからのオススメ的な感じで見始めるといった人も結構いるかもしれませんね。
自分の描く展開予想図が大きく外れるケースが多い
この傾向も「これだから夢中になる」という一番大きいのではないかと思います。
始めのうちは、「ただ何となく見ている」といった感じですが、「続きが見たくなる」といった何かを持っているのが韓国ドラマの魅力の一つではないかと思います。
管理人にも当てはまるのですが、「ただ漠然と見る」のではなく、「次はこういった展開になるだろう」といった予想図を頭に描きながら見ています。
しかし実際には、そういった予想図とは大きくかけ離れた「マジか!?」といった展開になるというケースが多いというのも韓国ドラマの特徴であるといえるかもしれません。
少し端折ってしまった感がありますが、管理人の中での韓国ドラマに対する見方は上記の通りです。
実際に管理人も結構韓国ドラマとか見ているのですが、今まで見た中で、これは良かったといったドラマをいくつか紹介したいと思います。
管理人オススメの韓国ドラマ
グリーンローズ
出演:コ・ス、イ・ダヘ、イ・ジョンヒョク、キム・ソヒョン
殺人などの濡れ衣を着せられた男が、たどり着いた上海で再起し、復讐の道を歩む物語を描いた、韓国のTVドラマシリーズ。愛と復讐の物語
DVD-BOX-1  DVD-BOX-2
ローズマリー
出演:キム・スンウ、ユ・ホジョン、ペ・ドゥナ、ヨン・ジョンフン
韓国KBS演技大賞の人気賞、ベストカップル賞を受賞したラブストーリー。突然の病で幸せの絶頂から絶望へと突き落とされた妻が、家族に最後の愛を捧げる姿を描いた作品。
DVD-BOX-1  DVD-BOX-2
復活
出演者:オム・テウン、ハン・ジミン、ソ・イヒョン、コ・ジュウォン
斬新な映像と予想を裏切るストーリー展開で韓国で社会現象を巻き起こしたTVドラマのBOX第2弾。幼い頃、何者かに家族を殺された刑事・ハウンが弟・シンショクになりすまし、家族を殺した者への復讐を行う。
DVD-BOX-1  DVD-BOX-2
赤道の男
出演:オム・テウン、イ・ジュニョク、イ・ヒョヌ、イム・シワン
哀しく熱い欲望が男達の運命を狂わせるオム・テウン×イ・ジュニョク主演で贈る友情と裏切りの復讐劇
怒涛の展開と迫真の演技の演技で魅せる深い人間ドラマが圧巻! !
DVD-BOX-1  DVD-BOX-2
カテゴリー: 韓国ドラマ | コメントをどうぞ

PCパーツに関するニュースをざっとピックアップしてみました

なかなかPCパーツに関するネタが集まらずに、足止めを食らったような感じではありますが、PCパーツに関する情報などを含めた、「管理人が気になったニュース」をピックアップしてみたいと思います。
円安の影響で、殆どのパーツが値上がり傾向
既に周知の事だと思いますが、最近は円安の影響で、PCパーツが値上がり傾向にありますよね。。。。
先ほどアキバのパーツ情報を見ていたんですが、値上がりの幅が多いパーツでビデオカードが4,000円値上がりしているようです・・・・。
それだけではなく、旧正月というダブルパンチで、さらに値上がりするのではないかと管理人の勝手な予想が的中しそうで怖いです。。。。
ちなみに管理人が経験した内容では、DDR2メモリーですかね。。。。
値下がりしたと思いきや、急に値上がり始めて・・・・といった感じだったと思います。
これも確か円安が影響していたような気がしますけどね。。。。。。。
昨日今日アキバに行っていたんですが、大特価セールとかではないと、安く手に入らないといった日が続きそうです。
正直こればかりは何とも言えない部分が多いんですけどね。。。。。
上海問屋のオープン記念イベントをドスパラ店頭で開催
知っている人は知っているかと思いますが、上海問屋という店はメモリーの通信販売を行っていたという認識があったような気がします。
とはいっても管理人は店舗として存在していた時期に行ったっきりだったので、うる覚え的なものがありますが。。。。
この店に関しては、一昨日行ってきたのですが、昔の店舗型だった時よりも扱っているものが幅広くなったような気がします・・・。
メモリーに関しては扱っていないようですが、場合によっては扱うのではと管理人は見ています。
ネタは他にもあるはずなのに、いざ記事にするとたった2つだけしかない・・・って、どうなんですかね。。。
カテゴリー: アキバ関係 | コメントをどうぞ

かなり久しぶりの更新となりましたが、地元九州のラーメンネタから復帰したいと思います。

かなりお久し振りです。
正直半年以上も何やってんだ??といった感じですね・・・。
こちらも色々ありまして、昨年10月より東京生活を始めて、色々な意味で大忙しといった感じでしたが、何とか約7ヶ月ぶりに更新したいと思います。
ここまで休んでいたらネタも結構詰まっているのですが、今回は、管理人の好きなラーメンネタで行きたいと思います。
地元が福岡なので、管理人がチョイスした2つのラーメン屋をざっくり紹介したいと思います。

長浜ラーメン

元祖長浜ラーメン

【ラーメンのタイプ】
とんこつラーメン

【展開場所】
主に福岡に集中しています。

【管理人の思い出】
席に着いたと思ったら、いきなりラーメンを持ってきたので、驚きました。(小学生の頃。)

福岡人なら既に知っているかと思いますが、元祖長浜ラーメンは既にありません。。。
しかし、「分家」というか「暖簾分け」といった感じで、味は元祖長浜ラーメンの時のままで、あちこちに展開しているみたいです。
管理人がよく行っていたのは、早良区の「長浜御殿」というラーメン屋だったという事も、しっかりと覚えています・・・。
長浜ラーメンに関しては、通販もやっているみたいなので、食べてみたいとか興味があるといった人は頼んでみるのもいいかもしれません。
参考程度に書いておきますが、東京にて展開している「博多風龍」というラーメン屋も、長浜ラーメンの味に似ています。

長浜将軍 博多 長浜 とんこつ ラーメン 4食入り& 辛子 高菜 辛口 250g セットを購入する

シンシン

博多ラーメンshin shin

【ラーメンのタイプ】
とんこつラーメン

【展開場所】
天神、住吉、屋台けいじ(警固)

【管理人の思い出】
このラーメン屋で替え玉7杯記録しました。(2011年)

管理人は、前職時には天神店のほうによく行っていました。
最初食べた時の印象としては、チャーシューに甘みを感じるといったところでしょうか・・・。
確か鹿児島の黒豚を使っていたのだと思いますが、個人的にそのチャーシューにぞっこん的な部分があります・・・。
いつか忘れましたが、東京の知り合いをこの店に連れて行ったときに、「東京でも通用する味」といった感想を言っていたのを今でも覚えています。
個人的に結構思い入れのあるラーメン屋でもあるので、東京進出を願っている所存でございます。。。
このラーメン屋は通販はやっていないのですが、全国あちこちに出店していますので、何かニュースがありましたら、改めて書きたいと思います。
なお、博多華丸さん著の「ごはん迷う芸人、博多華丸の大決断!食べずに終われんばい!」にも掲載されているようです。

食べずに終われんばい! in 福岡 ~ごはん迷う芸人、博多華丸の大決断!~ (ヨシモトブックス)を購入する

ネタは結構豊富なはずなのに、「ジャンルで分ける」となると、1ジャンルにつき結構短めになってしまうのではないかといった事に気づいた管理人です。。。
もしくは数多いネタのうち、食べ歩きに関するものが、頭のあちこちに散乱している可能性もあるかもしれません。。。
とりあえず、次回はPCパーツネタで行きたいと思います・・・。
カテゴリー: 食べ歩き | コメントをどうぞ